Raspberry Piに最新Flaskをインストール

Raspberry Piに最新Flaskをインストール

Raspberry Pi デスクトップ版は、初めからflaskがインストールされていますが、古いバージョンです。
バージョンアップもできますががちょっと面倒なので 、今回新規にライトOS 32ビット版をインストールし、最新flaskをを入れて Web サーバーを立ち上げてみました。
なお、今回インストールするライト OS には初めからflaskはインストールされていません。
次回は Raspberry OS デスクトップ版のflaskアップグレード方法について説明したいと思います。

確認、インストール日時 2023年3月17日

初めに

Raspberry Pi lite 32 bit OS を書き込んだ microSD カードを Raspberry Pi に挿入して  OS を立ち上げます 

Flaskのインストール

まずRaspberry Pi のプライベート IP アドレスを調べます
これからの操作はWindowsパソコンよりSSH接続で行います。
接続できましたら、まず最初にアップデートと、アップグレードをします。

sudo apt update
sudo apt -y upgrade

pythonのバージョンをを確認します。

次に flaskをインストールします。
これがラズベリーパイでは多分最新だと思います。

pipをインストールします。

sudo apt-get install pip

flaskをインストールします。

sudo pip install flask==2.2.1

これでflaskにインストールは終了です。
次にflask のバージョンを確認します。

python
import flask
flask.__version__

確認画面です。

問題なくインストールされていました。

テスト用Web サーバー立ち上げる

テスト用プログラムをラズベリーパイに書き込んで、Web サーバーを立ち上げていきます。

やり方は色々ありますが、私はまずラズベリーパイに自分の好きな名前のディレクトリーを作りました。 myflask

mkdir myflask
cd myflask

下の画面です。

次にnanoエディターで下記の定番のプログラムを書き込みます。
プログラム名は今回 hello.py としました。

from flask import Flask
app = Flask( __name__ )

@app.route('/')
def hello_world():
    return 'Hello World';
if __name__ == '__main__':
    app.run(host='0.0.0.0', port=5000, debug=True)

nano で書き込みます。
pi@raspberrypi:~/myflask $ nano hello.py

nano hello.py

コントロールo コントロールxで終了します。
次 hello.py を実行します。
pi@raspberrypi:~/myflask $ python hello.py

WSGI モードで動かしてくださいと警告が出ますが、動きました。

Windowsブラウザーから確認します

ブラウザーよりラズパイのプライベートアドレスにアクセスします
http://192.168.?.?? :5000にするか
下記のアドレス指定です。

http://raspberrypi.local:5000

確認画面です。

正しく動いています。 

タイトルとURLをコピーしました